鉱石鉱物(読み)こうせきこうぶつ(英語表記)ore mineral

岩石学辞典「鉱石鉱物」の解説

鉱石鉱物

鉱床を形づくる鉱物の中で採掘の対象となる有用物.脈石鉱物(gangue mineral)に対する語.鉑石(はくせき)と呼んだが現在はこの語は使われない.一般に鉱石鉱物は一種類またはそれ以上の金属が得られるもので,多くの鉱石鉱物は方鉛鉱クロム鉄鉱錫石などのように金属光沢を示すが,光沢は基本的なことではない.金,銀,白金など,ある種の鉱石鉱物は自然金属として産出するが,大部分のものは硫黄酸素,珪素,砒素などとの化合物として産する[Bateman : 1952].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「鉱石鉱物」の解説

鉱石鉱物
こうせきこうぶつ

有用物質を抽出する対象となる鉱石を構成する有用鉱物。これに対し、不用鉱物を脈石鉱物という。1種の鉱石鉱物から2種以上の物質が抽出されることもある。

[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「鉱石鉱物」の解説

こうせき‐こうぶつ クヮウセキクヮウブツ【鉱石鉱物】

〘名〙 鉱石中に含まれている有用鉱物。ふつうは、鉱石中の有用鉱物のうち、利用されるもののみをいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鉱石鉱物」の解説

こうせき‐こうぶつ〔クワウセキクワウブツ〕【鉱石鉱物】

鉱石の中で、採掘・選鉱精錬の対象になる鉱物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android