コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱水溶液 ネッスイヨウエキ

デジタル大辞泉の解説

ねっすい‐ようえき【熱水溶液】

マグマが冷えて固まる際に生じた水の臨界温度(セ氏374度)以下の高温の水溶液。揮発性成分を多量に含んでいる。→交代作用

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

熱水溶液

マグマ分化の際の熱水期に生じる温度の高い水溶液や,循環水が火成岩貫入や高い地熱で加熱されたもの[片山ほか : 1970].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

熱水溶液の関連キーワードリン酸水素アンモニウムナトリウム擬ミョウバン(擬明礬)カイモジェネティックドロマイト化作用変朽安山岩化作用ゼノサーマル鉱床クロム酸カリウム塩素酸ナトリウムハイダト変成岩曹長石化作用熱水交代作用炭酸バリウム緑泥石化作用絹雲母化作用炭酸塩化作用明礬石化作用エマナチオン中熱水鉱床遠熱水鉱床ケイ化作用

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android