コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河北極 ギンガホッキョク

デジタル大辞泉の解説

ぎんが‐ほっきょく〔‐ホクキヨク〕【銀河北極】

銀河座標において銀緯がプラス90度となる天球上の点。地球から見て北側の極を指し、髪座の方向にあたる。南側の極である銀河南極と合わせて銀河の極と呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の銀河北極の言及

【銀河座標】より

…銀河赤道は,いわゆる天の川に沿って走っている。銀河北極は銀河面に直角な方向で,かみのけ座にある。地球上の緯度に対応して,銀緯は銀河赤道上0゜から銀河北極方向へ+90゜まで,銀河南極方向へ-90゜まで測られる。…

※「銀河北極」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android