コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀河座標 ぎんがざひょう galactic coordinates

6件 の用語解説(銀河座標の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀河座標
ぎんがざひょう
galactic coordinates

天球座標の一つ。天の川は天球上でほぼ大円をなす。天の川の平均中心を通る大円を銀河圏または銀河赤道と呼ぶ。この大円の中心を貫く垂直軸と天球の交点を銀河極という。旧銀河座標では光で見た天の川で銀河圏を決め,それを主圏として銀緯を定め,銀河圏が天の赤道を南から北へ横切る点を起点として東回りに銀経を定めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎんが‐ざひょう〔‐ザヘウ〕【銀河座標】

天球座標の一。銀河系のほぼ中心、天の川を通る天球上の大円を銀河赤道とし、経度・緯度に相当する銀経・銀緯を用いて天体の位置を表す座標。銀河系の構造などを研究するのに利用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

銀河座標【ぎんがざひょう】

天球上の天体の位置を表す座標系の一つ。銀河系の構造などを論ずるのに便利。銀河の平均中心線(天球の大円の一つ)を銀河圏(銀河赤道とも)といい,これに対する極を銀極という。
→関連項目銀緯銀経天球

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎんがざひょう【銀河座標 galactic coordinate】

銀河系内の天体の分布や運動を記述するために用いられる球面座標。銀経,銀緯によって天体の位置が記述される。球面座標の基準面として,中性水素ガスがもっとも強く集中する平均平面が採用されている。この平面は,銀河系内の物質分布の一つの対称面に対応し,銀河面といわれている。銀河面と天球との交線が銀河座標における赤道,すなわち銀河赤道を与える。銀河赤道は,いわゆる天の川に沿って走っている。銀河北極は銀河面に直角な方向で,かみのけ座にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎんがざひょう【銀河座標】

天球座標の一種。銀河系の構造を研究するのに用いられる。銀河赤道を基準として銀緯・銀経の座標で表す。銀緯は銀河赤道を0度とし南北へ90度ずつ銀河北極・南極まで目盛り、南側をマイナスとする。銀経は銀河赤道上の電波源射手いて座 A (銀河系の中心方向)の方向と銀河北極を含む経線を0度として360度まで東回りに測る。 → 銀河赤道

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

銀河座標
ぎんがざひょう

天球上の天体の位置を表す座標、すなわち天球座標の一種。わが銀河系内の天体の位置・運動、さらに銀河系の構造などを研究するのに便利なようにつくられた座標である。すなわち、この座標は次のように設定されている。
 銀河赤道(銀河座標の赤道で、銀緯が0度となる)なる大円(天球上、電波強度が最大となる大円)を、ほぼ天の川に沿って設け、銀河系の中心方向(いて座の1点)を銀河座標の経度(銀経という)の起点とし、はくちょう座の方向へ測る。銀河赤道から90度離れ、かみのけ座にある点を銀河座標の北極とする。銀河赤道から天体までの角、つまり緯度のように測った角が銀緯である。角の大きさは角度で表わされ、度、分、秒の単位で示される。銀経と銀緯が銀河座標となる。
 銀経の起点は銀河系中心の方向で、その赤経・赤緯はそれぞれ17時45.6分、およびマイナス28度56分(いて座)、銀河北極のそれは12時51.4分、および27度8.0分(かみのけ座)、銀河赤道と天の赤道との交点(昇交点)の赤経は18時51.4分、この交点の銀経は32度56分(わし座)、銀河赤道の天の赤道に対する傾斜は62度52分である(以上いずれも2000.0年分点)。[大脇直明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の銀河座標の言及

【球面天文学】より

…球面天文学は天文学の諸分野の中でもっとも早期に発達した基礎的分野であり,とくにすべての天文観測に直結している。 天球座標には観測者の地平線に固定された地平座標と,天球に固定されて天球とともに回転する赤道座標,黄道座標,銀河座標がある。黄道座標は太陽系天体の位置や運動を表すのに使われ,銀河座標は銀河系の研究に使われる。…

※「銀河座標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

銀河座標の関連キーワード周天球球座標球面天文学視位置天球座標天体座標恒星天球天球院《天球図譜》《天球論》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone