コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀筆 ぎんぴつsilver point

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

銀筆
ぎんぴつ
silver point

絵画用語。 15~16世紀に多く用いられた素描用具。現在の鉛筆先駆で,芯に銀,金,鉛を使用したメタルポイントのうちの一つ。不透明な白もしくは淡色で色づけした紙に描く。細く繊細な線が得られ,線描のみの素描に適すが,鉛筆と違い,かき直しはできない。現在はあまり用いられない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

銀筆の関連キーワードホルバイン(父子)画用紙

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

銀筆の関連情報