コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銀針白毫 ぎんしんはくごう (中国)

1件 の用語解説(銀針白毫の意味・用語解説を検索)

飲み物がわかる辞典の解説

ぎんしんはくごう【銀針白毫 (中国)】


中国南東部、福建省の福鼎および政和に産する白茶(パイチャー)の一種。針のような白い産毛におおわれた茶の新芽だけを摘んで作る。北宋の皇帝徽宗(1082~1135)が愛飲したと伝わることでも知られる高級銘柄。口当たりが軽く、さわやかな甘みがある。◇「白毫銀針」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

銀針白毫の関連キーワード陳賢福建省華南泉州福建建茗土楼西湖公園台湾[省]福建語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone