北宋(読み)ホクソウ

世界大百科事典 第2版の解説

ほくそう【北宋 Běi Sòng】

中国の王朝。960‐1127年。太祖趙匡胤(ちようきよういん)が建立し,開封に都を置いた。江南諸国と北漢をつぎつぎに平定し,太宗の初めに中国統一を成就し,君主独裁の中央集権体制を築いた。しかしつねに遼,西夏の圧迫をうけ,軍事費の膨張,官僚の増加などで国家財政が窮乏した。その立直しのため,王安石の新法が断行されたが,保守派官僚らの反対で失敗に終わり,金の攻略をうけ,9主167年でいったん滅亡した。【竺沙 雅章】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほく‐そう【北宋】

中国の王朝(九六〇‐一一二七)。宋朝が靖康の変で金の圧迫により江南に移るまでをいう。趙匡胤(太祖)が五代のあとをうけて建国。首都は汴(べん)(=開封)。第二代太宗が中国を統一。集権的官僚制を樹立したが、遼・西夏・金の台頭により対外的にはふるわず、内政でも新旧両法党の党争により疲弊。士大夫・庶民の新文化が誕生した時代として重要。宋。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の北宋の言及

【宋】より

…中国に960年から1279年まで存在した王朝。1127年(靖康2)の靖康の変によっていったん滅亡したので,それ以前を北宋,以後の南遷して杭州に都した時期を南宋という。
【政治過程】
 後周世宗の武将であった趙匡胤(ちようきよういん)は,世宗の没後,部下の将兵に擁立されて皇帝となり,宋朝を開いた(960)。…

※「北宋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北宋の関連情報