コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白茶 しらちゃ

色名がわかる辞典の解説

しらちゃ【白茶】

色名の一つ。薄い茶色の染色名、またその色のこと。江戸時代に「四十八茶百鼠しじゅうはっちゃひゃくねず」といわれるほど多く出回った茶色系統の一種で、元禄の中期ごろまで流行した。色があせて白っぽくなることを「白茶ける」というなど、あまりよいイメージはないが、濃い染色ほど高価であるため、それに反発した通人つうじんがあえて身につけた可能性はある。

出典|講談社色名がわかる辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しら‐ちゃ【白茶】

白みがかった茶色。ごく薄い茶色。
しろちゃ」に同じ。

しろ‐ちゃ【白茶】

灰汁(あく)につけず、蒸して(ほう)じた上等の茶。しらちゃ。
中国茶の一。茶の若葉を摘み、蒸さずに乾燥させた緑茶

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

白茶

 中国産の発酵茶の一つ.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しらちゃ【白茶】

薄い茶色。白っぽい茶色。
しろちゃ(白茶) 」に同じ。

しろちゃ【白茶】

灰汁あくにつけないで、蒸して焙ほうじた上製の茶。しらちゃ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

飲み物がわかる辞典の解説

パイチャー【白茶 (中国)】


中国茶の一種で、い毛におおわれた茶の新芽を用い、摘採後、萎(しお)れさせる工程でわずかに発酵させる製法のもの。中国南東部の福建省の特産品。代表的な銘柄に銀針白毫(ぎんしんはくごう)、白牡丹(はくぼたん)などがある。

出典|講談社飲み物がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内の白茶の言及

【中国茶】より

…こうした歴史と広大な国土,そして多くの民族をもつため,中国の茶は種類が多く,その製法,飲み方も他に類を見ないほど多様である。 中国茶はその成分から緑茶,青茶,紅茶,黒茶,黄茶,白茶の6種に分類される。緑茶はほとんどが釜(かま)いり製で,360℃の高温でいり蒸ししてつくる。…

※「白茶」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白茶の関連キーワードコウキセッコク(高貴石斛)ホワイトティーマゴジャクシ宗広 力三カーチンガティーバナにゃらん日野間道後染織物舟越間道大島風通砥の粉色なおき御納戸赤白橡灰汁上製錆鼠卵色馬菅

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白茶の関連情報