銃眼(読み)じゅうがん

精選版 日本国語大辞典「銃眼」の解説

じゅう‐がん【銃眼】

〘名〙 を射撃するために、防壁や装甲板などにあけられている。〔漢語便覧(1871)〕
※倫敦塔(1905)〈夏目漱石〉「四方に角楼が聳えて所々にはノーマン時代の銃さへ見える」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「銃眼」の解説

じゅう‐がん【銃眼】

敵を射撃したり監視したりするため、防壁・装甲板などにあけた穴。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android