コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銑鋳物 ずくいもの

2件 の用語解説(銑鋳物の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

銑鋳物【ずくいもの】

鋳鉄を材料とした鋳物の俗称。耐摩耗性がよく,切削加工性も良好であるが,強靭(きょうじん)性や耐食性に欠ける。風呂釜やストーブなどの生活用品,機械部品特に機械の台,窓やドアのわくなど,鋳物の中で最も広く使用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の銑鋳物の言及

【鋳鉄・鋳鋼】より

…鋳鉄cast ironとは銑鋳物(ずく鋳物)用の銑鉄または銑鋳物そのものをいう。炭素3.0~3.6%,ケイ素1~2%,マンガン0.5~1.0%,リン0.3~1.0%,硫黄0.06~0.1%を含む鉄合金で,鋳造しやすく,また切削加工しやすい材料である。…

※「銑鋳物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone