コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

錨虫 イカリムシ

デジタル大辞泉の解説

いかり‐むし【×錨虫】

ウオジラミ目イカリムシ科の甲殻類。体長8ミリほどの棒状で、ほぼ透明。ウナギ・コイ・金魚などの淡水魚の口やえら寄生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いかりむし【錨虫】

甲殻綱の節足動物。幼虫はミジンコ形で泳ぐが、成熟して交尾した雌は淡水魚の口内や鰓えらに寄生。体長7ミリメートル 内外の棒状になり、脚もなくなって、頭胸部に錨形の突起が二対でき、これで宿主に固着する。養殖魚の害敵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

錨虫 (イカリムシ)

学名:Lernaea cyprinacea
動物。イカリムシ科の水生小動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

錨虫の関連キーワード節足動物頭胸部幼虫内外口内宿主突起

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android