コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄生 きせいparasitism

翻訳|parasitism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寄生
きせい
parasitism

ある種の生物が,特定の生物に栄養的に一部あるいは全部を依存して生活することをいい,一般に寄生者利益を得るのに対し宿主は種々の損を受ける場合をいう。寄生は植物間,動物間,動植物間などにさまざまな組合せがある。寄生者が宿主の体内に寄生する内部寄生体表面に付着する外部寄生に大きく分けられるが,さらに生活圏を自由にもち部分的に寄生生活をおくる自由生活的寄生,寄生生物が他の寄生生物に侵入する重複寄生などもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐せい【寄生】

[名](スル)
ある生物が他の生物の体表に付着または体内に侵入し、そこから栄養をとって生活すること。付着または侵入されて害を受けるほうを宿主(しゅくしゅ)という。「回虫は人体に寄生する」
他の働きなどに頼り、生きていくこと。「芸能界に寄生する」

ほや【寄生】

ヤドリギの古名。
「伏し柴に宿れる―のおのれのみときはかきはに物をこそ思へ」〈散木集・九〉

ほよ【寄生】

ヤドリギの古名。
「あしひきの山の木末(こぬれ)の―取りてかざしつらくは千年(ちとせ)寿(ほ)くとそ」〈・四一三六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

寄生【きせい】

ある生物が他の生物体に付着または侵入し,後者から栄養を得て生活する現象。前者を寄生者,後者を寄主または宿主という。寄生する場所によって,寄生者が寄主の体内で生活する内部寄生,外部に付着する外部寄生に分けられる。
→関連項目寄生去勢

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

寄生

 ある生物が他の生物の体内や体表で栄養をとり,増殖し,生活すること.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きせい【寄生 parasitism】

生物の相互関係のうち片害作用の一つ。他種の生物の身体にすみつき相手を殺さずに栄養として利用することというのが普通の定義で,寄生するものを寄生者parasite,寄生されるものを宿主または寄主hostと呼ぶ。しかし植物食の動物はこの定義にあてはまっても寄生しているとはいわない。また,多数個体が寄生したときには宿主(寄主)を殺すこともあり,ヤドリバチのように必ず寄主を殺す寄生者もある(この場合は捕食寄生者または擬寄生者parasitoidと呼んで区別することがある)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きせい【寄生】

( 名 ) スル
異種の生物が一緒に生活して、一方が利益を受け、他方が害を受けている生活形態。害を受ける方の生物を宿主という。内部寄生と外部寄生とに大別される。
自分で生活できずに、他の者を頼って生活すること。

ほや【寄生】

ヤドリギの古名。 〔和名抄〕

ほよ【寄生】

ヤドリギの古名。 「あしひきの山の木末こぬれの-取りて/万葉集 4136

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寄生
きせい

ある生物がほかの生物の体内または体表を生息場所とし、おもに栄養面においてその生物に依存して生活することをいう。寄生する生物を寄生生物または寄生者、寄生される生物を宿主(しゅくしゅ)または寄主(きしゅ)という。共生の一形態であるが、両方が利益を受け合う相利共生や、一方だけが利益を受ける片利共生とは、宿主が多少とも有害な影響を受ける点で区別される。寄生者による障害としては、組織が破壊されたり、各種の腸、口腔(こうこう)、鼻腔などを詰まらせたりする器械的障害のほか、寄生者がなんらかの物質を出して宿主に有害な作用を与える化学的障害、宿主のアレルギー反応による障害がある。障害の程度は、寄生生物の種類、個体数、個体差などによって異なり、ときに宿主の死を招くことがある。しかし、寄生は原則的に宿主を生かしたまま利用する生活様式であり、捕食などとは異なる。モンシロチョウの幼虫に寄生するアオムシサムライコマユバチなど昆虫に寄生する寄生バチでは、最終的に宿主を食べ尽くしてしまうため、とくに捕食寄生とよぶ。この場合も、寄生者が発育を完了するまで宿主は生存し、宿主の死亡は二次的なものである。寄生はおもに宿主の栄養を直接吸収するものであるが、動物のなかには宿主の労働に依存して生活するものがあり、それを社会寄生または労働寄生とよぶ。
 クリに寄生して虫こぶをつくるクリタマバチに、クリタマヒメナガコバチが寄生するというように、寄生生物にさらに寄生する二次寄生、三次寄生の現象もある。また、動物のなかには、その発生段階に応じて2種以上の異なる宿主を必要とするものがあり、この場合には成体が寄生する宿主を終宿主、幼生が寄生する宿主を中間宿主とよぶ。
 寄生と宿主の関係は、基本的には生きている生物間にみられる現象であるが、ときに宿主の死体や排出物からの栄養摂取をも含めることがあり、後者を死物寄生(腐生)、前者を活物寄生とよんで区別することもある。さらに、草食動物はすべて植物に寄生し、肉食動物はほかの動物に、植物は太陽の光に寄生していると広く解釈する人もいるが、この考えは明らかに行きすぎである。[近藤高貴]

寄生動物

寄生生活をする動物の大部分は、原生動物、扁形(へんけい)動物、袋形(たいけい)動物、節足動物の4部門に属している。一般に、宿主に付着するために、鉤(かぎ)、つめ、吸盤などが発達しているが、感覚器官、運動器官、消化器官は退化、消失する傾向にある。また、多産性であり、生殖器官が著しく発達しているものが多い。
 寄生動物は、体内に侵入して寄生する内部寄生、宿主の体表面に付着して寄生する外部寄生に分けられる。内部寄生をするものには、人畜の体内に寄生して宿主の病気の原因となっているものが多い。人体に寄生するおもなものは、回虫、肺吸虫、肝吸虫、鉤虫(こうちゅう)、条虫、日本住血吸虫などで、ほかに中間宿主をもつものが多い。なかには、マラリア病原虫のようにヒトを中間宿主とし、カを終宿主とするものもある。外部寄生をするものには、ノミ、シラミ、ダニのように一時的に寄生するもの、一生を寄生して過ごすものなどがある。また、動物の雄のなかには同種の雌に寄生するものがおり、寄生雄とよばれる。ボネリムシやアンコウの一種では、雌の腹部に雄が付着しているが、これらの雄では精巣以外はほとんど退化して、体も雌の何十分の1にすぎない。
 社会寄生には、宿主が採集した食物を横取りする盗み寄生または栄養寄生、宿主を奴隷として使役する奴隷制などがある。盗み寄生するものには、トウゾクカモメのように自分で魚を捕まえることができるのにほかの海鳥から食物を奪うものや、ブラジルにすむヌスミハリナシバチのように自分では花から蜜(みつ)や花粉を集めることができなくて、ハナバチの巣に侵入して食物を盗むものなどがいる。また、ホトトギスやカッコウのようにほかの鳥に子供を養育してもらう托卵(たくらん)も盗み寄生に含まれる。奴隷制をもつことで有名なものは、日本ではサムライアリである。サムライアリの働きアリは隊列をつくってクロヤマアリの巣を襲い、卵、幼虫、蛹(さなぎ)を奪って自分の巣に運ぶ。サムライアリの巣内で羽化したクロヤマアリの働きアリは、サムライアリの巣の拡張や食物の採集などを行う。サムライアリの働きアリは奴隷狩り以外には巣の外へ出ることはない。[近藤高貴]

寄生植物

植物についてみると、光合成、独立栄養が通例の種子植物中にも、寄生栄養を営む変わり者がある。これらは寄生植物または活物(かつぶつ)寄生植物とよばれ、死物寄生(腐生)植物とともに従属栄養植物を構成する。かつては菌類の寄生菌を、寄生植物に含める場合もあったが、現在では、菌類は独立した一つの生物界(菌界)となっている。栄養法から寄生植物を分けると、自らも光合成を行うが宿主から水分、無機塩類などをとる混合栄養の半寄生のものと、葉緑素をもたず栄養分を全部宿主に依存する全寄生のものとになる。類縁的にも、種子植物中の特定の分類群に寄生植物が集中していることは興味深い。
 半寄生植物には、ヤドリギ科のヤドリギ(おもな宿主はエノキ、サクラ、ミズナラ、ブナの枝)、オオバヤドリギ(シイ、カシの枝)、ビャクダン科のツクバネ(種々の木の根)、カナビキソウ(陽地の草本の根)、ゴマノハグサ科のコゴメグサ(イネ科草本の根)、ママコナ(ハシバミの根)などがある。
 全寄生植物には、ヒルガオ科のネナシカズラ(ヨモギ、ヤブガラシの茎、ヌルデの枝)、マメダオシ(ダイズ、ヨモギ、ミゾソバの茎)、ヤッコソウ科のヤッコソウ(シイノキの根)、ツチトリモチ科のツチトリモチ(ハイノキの根)、ハラウツボ科のハマウツボ(カワラヨモギの根)、オニク(ミヤマハンノキの根)、ナンバンギセル(ススキ、サトウキビ、ミョウガの根)、ヤマウツボ(シデ、カバノキ、クリの根)などがある。
 常緑のヤドリギは山野の樹上にみられるが、寄生根を宿主の通道組織にまで通じて水分、無機質を吸収する。雌雄異株で、花期は2月から3月ごろであり、淡黄色球形の実を結ぶ。川原や路傍の草本に絡むネナシカズラは、不定根を宿主に差し込み、盛んに生育するので、しばしば宿主を枯らす。この際の2ミリメートルほどの鱗片(りんぺん)状の葉は機能をなしていない。根につく寄生植物では、宿主への依存度に強弱の違いがみられる。ツクバネ、コゴメグサなどは緑葉で普通の植物と一見変わるところがない。しかし、根の発達が悪く、一部の根は宿主の根に接着して養分の補給を受ける。ママコナは寄生しないでも生えるが、やはり生育は格段に劣る。一方、ヤッコソウをはじめ全寄生のものは、寄生の程度が強く、器官の退化も著しく、形状、色などもかなり独特である。
 寄生植物も宿主を選択するが、両者の組合せは細胞の生理的条件や必要とする化学物質の有無などが関係するとみられている。ネナシカズラ属と宿主のマメ類との間では、宿主の細胞液の水素イオン濃度(pH)や糖分量がかかわっており、その価の低い種類は寄生者の侵入を許さない。根につく寄生植物の種子の発芽は宿主の根の近くでのみおこり、根からの分泌物が発芽を促進する。ワタやトウモロコシに害を与えるマホウグサwitchweeds(ゴマノハグサ科、熱帯産)の種子は、ワタの根からのストリゴールという物質で活性化される。
 寄生植物が宿主に及ぼす生物学的な害は、一部の例を除けば致命的にはならない。しかし、農林業上はヤドリギやネナシカズラも被害を与える寄生性種子植物として扱われる。帰化植物であるアメリカネナシカズラも、近年は作物に害を与えるほど広まっている。[斎藤 紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

寄生 (ヤドリギ・ホイ;ホヤ;ホヨ)

学名:Viscum album var.coloratum
植物。ヤドリギ科の常緑寄生低木,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

世界大百科事典内の寄生の言及

【昆虫】より

…しかし,これらの無翅昆虫は,無翅亜綱と異なりすべて有翅の祖先型から退化して翅を失った。上記の最後にあげた3目の場合は,明らかに寄生生活に対する適応とみられる。 表の目の名と例にあげた昆虫の名は,その目の昆虫の中での成功度と関係がある。…

※「寄生」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寄生の関連キーワード宿主五鞭毛トリコモナス東洋毛様線虫喜入土鳥黐パラサイト松材線虫根腐線虫鳳蝶姫蜂肝毛頭虫永久寄生活物寄生揚羽姫蜂山寺坊主完全寄生山鳥黐土山黐土鳥黐芸能界和名抄斑姫蜂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄生の関連情報