金魚(読み)キンギョ

デジタル大辞泉の解説

きん‐ぎょ【金魚】

フナを原種とする観賞用の淡水魚和金琉金(りゅうきん)出目金頂天眼オランダ獅子頭(ししがしら)蘭鋳(らんちゅう)キャリコなど、品種は極めて多い。品種によってひれ・目・頭部・体形・体色などに著しい変化がみられる。中国の原産で、日本へは文亀2年(1502)に渡来。 夏》「思ひ出も―の水も蒼を帯びぬ/草田男

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぎょ【金魚】

フナからつくられた、最もなじみ深い観賞用淡水魚。品種改良が重ねられて、頭部・目・尾などに特徴のある変種が多い。体色は赤のほか黒・紅白など。代表的なものに、和金わきん・琉金りゆうきん・出目金でめきん・蘭鋳らんちゆうなどがある。一六世紀初め、中国から渡来したという。 [季] 夏。 《 もらひ来る茶碗の中の-かな /鳴雪 》
[句項目] 金魚の糞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金魚 (キンギョ)

学名:Carassius auratus
動物。コイ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きん‐ぎょ【金魚】

〘名〙
① コイ科の淡水魚。フナから人為的に飼育淘汰されてできたものと考えられ、品種が多い。目は出目、水泡眼などに、尾びれは三つ尾、ふな尾、さくら尾などに分けられる。体色は赤がおもで、紅白や黒などがある。産卵期は春で、食性は雑食性。古くから愛玩(あいがん)用として飼育され、ワキン、デメキン、リュウキン、ランチュウなどの品種がある。原産地は中国の江西省と考えられ、日本には一六世紀初め輸入されたといわれる。《季・夏》
※日葡辞書(1603‐04)「Qinguio(キンギョ)。コガネノ ウヲ」
洒落本・辰巳之園(1770)「猪牙船の早きにおどろき、金魚の数にあきれ」
② 口の黄色い鯉(こい)。貴人の食べる魚。
※大草殿より相伝之聞書(16C中か)「きんぎょとは、口のきなる鯉の事にて候」
③ 菓子の一種。表を①の形につくり、裏はがらんどうになった江戸時代の砂糖菓子。
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「金魚を片身上げておくけちなひな」
④ 金や金銭のたとえ。
※談義本・根無草(1763‐69)前「近年は押なべて金魚銀魚の手はまはらず、ほうぼうより緋鯉にせつかれ」
※洒落本・当世風俗通(1773)時勢髪八体之図「金魚(キンギョ) 舟底とも云」
⑥ 舞妓(まいこ)の俗語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金魚の関連情報