金魚(読み)きんぎょ

精選版 日本国語大辞典「金魚」の解説

きん‐ぎょ【金魚】

〘名〙
コイ科淡水魚。フナから人為的に飼育淘汰されてできたものと考えられ、品種が多い。目は出目、水泡眼などに、尾びれは三つ尾、ふな尾、さくら尾などに分けられる。体色は赤がおもで、紅白や黒などがある。産卵期は春で、食性は雑食性。古くから愛玩(あいがん)用として飼育され、ワキン、デメキン、リュウキン、ランチュウなどの品種がある。原産地は中国の江西省と考えられ、日本には一六世紀初め輸入されたといわれる。《季・夏》
※日葡辞書(1603‐04)「Qinguio(キンギョ)。コガネノ ウヲ」
※洒落本・辰巳之園(1770)「猪牙船の早きにおどろき、金魚の数にあきれ」
② 口の黄色い鯉(こい)。貴人の食べる魚。
※大草殿より相伝之聞書(16C中か)「きんぎょとは、口のきなる鯉の事にて候」
③ 菓子の一種。表を①の形につくり、裏はがらんどうになった江戸時代の砂糖菓子。
※雑俳・柳多留‐二一(1786)「金魚を片身上げておくけちなひな」
④ 金や金銭のたとえ。
※談義本・根無草(1763‐69)前「近年は押なべて金魚銀魚の手はまはらず、ほうぼうより緋鯉にせつかれ」
※洒落本・当世風俗通(1773)時勢髪八体之図「金魚(キンギョ) 舟底とも云」
⑥ 舞妓(まいこ)の俗語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「金魚」の解説

きん‐ぎょ【金魚】

フナ原種とする観賞用の淡水魚。和金琉金りゅうきん出目金頂天眼オランダ獅子頭ししがしら蘭鋳らんちゅうキャリコなど、品種は極めて多い。品種によってひれ・目・頭部・体形・体色などに著しい変化がみられる。中国の原産で、日本へは文亀2年(1502)に渡来。 夏》「思ひ出も—の水もを帯びぬ/草田男
[類語]和金琉金獅子頭蘭鋳・土佐金・和内・朱文金出目金

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「金魚」の解説

金魚 (キンギョ)

学名Carassius auratus
動物。コイ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android