鍋掛(読み)なべかけ

精選版 日本国語大辞典「鍋掛」の解説

なべかけ【鍋掛】

栃木県那須塩原市東部の地名。江戸時代は奥州街道の大田原から芦野への間の下りの宿駅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鍋掛の言及

【黒磯[市]】より

…栃木県北部の市。1955年黒磯町と東那須野,鍋掛,高林の3村が合体して黒磯町となり,1970年市制。人口5万6275(1995)。…

※「鍋掛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android