芦野(読み)あしの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

芦野
あしの

栃木県那須(なす)郡那須町の一地区。旧芦野町。中世には芦野氏の城下町、近世には奥州街道の宿駅として栄えたが、東北本線、国道4号から外れ、さびれた。国道294号が通じる。芦野の北西にある温泉神社前に「遊行柳(ゆぎょうのやなぎ)」があり、西行(さいぎょう)の歌「道のべに清水流るる柳かげしばしとてこそ立ちどまりつれ」と謡曲で有名。[櫻井明久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の芦野の言及

【那須[町]】より

…中心集落の黒田原は1891年東北本線の駅ができてから発達した新しい集落である。江戸時代に奥州街道の宿駅だった芦野は鉄道からはずれ衰退した。那須火山一帯は日光国立公園に属し,山腹に那須温泉郷が散在する。…

※「芦野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芦野の関連情報