コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌田正清の娘 かまた・まさきよのむすめ

朝日日本歴史人物事典の解説

鎌田正清の娘

生年:生没年不詳
鎌倉前期の女性。建久5(1194)年10月,源頼朝から尾張国志濃幾(愛知県春日井市),丹波国田名部(京都府舞鶴市)両荘の地頭職を恩補された。父正清の功と,正清に男子がなかったことによる。女性も男性と同様,地頭職を与えられていたことを示す好例である。勝長寿院で如法経十種供養を主催したことからみても,才智と経済力を備えた女性であったと思われる。

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android