コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鑞付け ロウヅケ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐づけ〔ラフ‐〕【×鑞付け】

金属材料を、(ろう)を用いて接合すること。溶接の一種。母材よりも融点が低い金属を鑞(ろう)といい、これを用いて接合する。鑞(ろう)の融点が450度以上のものは硬鑞(こうろう)といい、半田付けなどは450度未満の軟鑞(なんろう)を用いる。鑞接(ろうせつ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうづけ【鑞付け】

鑞を用いて金属を接着すること。鑞接ろうせつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鑞付けの関連キーワードクロワゾンネ関谷 四郎細金細工平戸細工真鍮鑞彫金

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android