長嘆息・長歎息(読み)ちょうたんそく

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐たんそく チャウ‥【長嘆息・長歎息】

〘名〙 ながいためいきをつくこと。また、そのためいき。長吁(ちょうく)。長嘆。長大息。
※経国集(827)一三・夜聴擣衣〈楊秦師〉「寄異土兮無新識、想同心兮長歎息」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉増税「喟然として長歎息を洩した」 〔劉希夷‐代悲白頭翁詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android