コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長嘆/長歎 チョウタン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐たん〔チヤウ‐〕【長嘆/長×歎】

[名](スル)長いため息をついて嘆くこと。長嘆息。長大息。
「何たる不覚であろうと―しつつ」〈石川淳・普賢〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

長嘆/長歎の関連キーワード徵・懲・丁・兆・凋・嘲・寵・帳・庁・廳・弔・張・彫・徴・懲・挑・暢・朝・潮・澄・牒・町・眺・聴・聽・肇・脹・腸・調・諜・貼・超・跳・重・釣・銚・長・頂・鳥嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛長嘆・長歎長嘆息長大息長息喟然

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android