コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長枝 チョウシ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐し〔チヤウ‐〕【長枝】

節間が長く伸び、葉も比較的まばらにつく。普通に見る枝。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちょうし【長枝】

節間が長く伸び、葉が散在してついている通常に見られる枝。 ↔ 短枝

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長枝
ちょうし

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

長枝の関連キーワードチョウセンゴミシ(朝鮮五味子)カラマツ(落葉松∥唐松)クロタキカズラ(黒滝葛)シュート(植物器官)ハマナツメ(浜棗)ヒロハヘビノボラズスイショウ(水松)イチョウ(銀杏)シラカバ(白樺)クロウメモドキウグイスカグラミヤマハンノキヨグソミネバリウラジロカンバウダイカンバヒマラヤスギヘビノボラズケヤマウコギクジャクヒバツタ(蔦)

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長枝の関連情報