コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長瀞変成岩 ながとろへんせいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長瀞変成岩
ながとろへんせいがん

長瀞系ともいう。西南日本外帯に分布する三波川系と御荷鉾系が一部同時異相の関係にあるとして,長瀞系が提唱された。近年はあまり用いられず,三波川変成岩がほぼこれにあたる。長瀞の名は埼玉県秩父郡の長瀞に由来し,この変成岩はおもに結晶片岩である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

長瀞変成岩の関連キーワード御荷鉾変成岩結晶片岩瓶ヶ森石鎚山

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android