コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三波川変成岩 さんばがわへんせいがん

2件 の用語解説(三波川変成岩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三波川変成岩
さんばがわへんせいがん

本州の中央構造線の南側に沿って帯状に分布する結晶片岩を主とする変成岩の総称。結晶片岩のほか,スレート,千枚岩や塩基性および超塩基性火成岩またはそれが変成した岩石もかなりある。カリウム・アルゴン法で測定されたこの変成岩の年齢は約 1.0~0.8億年 (白亜紀) であるが,変成作用ジュラ紀後期から白亜紀前期の間に起ったことを示す地質学的証拠もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三波川変成岩【さんばがわへんせいがん】

関東山地北部から南アルプス西縁〜紀伊半島〜四国を通り佐賀関まで,中央構造線の外側に接して連続分布する結晶片岩類。関東山地北部の三波川流域が標式地。原岩は若いものは中生代ジュラ紀後期。
→関連項目秩父山地長瀞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

三波川変成岩の関連キーワード伊那山地西南日本西南日本外帯西南日本内帯三峰川領家変成帯糸魚川静岡構造線境栽構造線秩父帯

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三波川変成岩の関連情報