コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三波川変成岩 さんばがわへんせいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三波川変成岩
さんばがわへんせいがん

本州の中央構造線の南側に沿って帯状に分布する結晶片岩を主とする変成岩の総称。結晶片岩のほか,スレート,千枚岩や塩基性および超塩基性の火成岩またはそれが変成した岩石もかなりある。カリウム・アルゴン法で測定されたこの変成岩の年齢は約 1.0~0.8億年 (白亜紀) であるが,変成作用がジュラ紀後期から白亜紀前期の間に起ったことを示す地質学的証拠もある。変成度は低く,日本の低温高圧型変成岩の代表で,中央構造線の北側にある領家・阿武隈変成岩と対をなすものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三波川変成岩【さんばがわへんせいがん】

関東山地北部から南アルプス西縁〜紀伊半島〜四国を通り佐賀関まで,中央構造線の外側に接して連続分布する結晶片岩類。関東山地北部の三波川流域が標式地。原岩は若いものは中生代ジュラ紀後期。
→関連項目秩父山地長瀞

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

三波川変成岩の関連キーワード付加コンプレックス変成コンプレックス御荷鉾緑色岩類三波川変成帯長崎変成岩類西南日本外帯佐川造山輪廻佐田岬半島小藤文治郎地質構造線三郡変成岩小藤文次郎長瀞変成岩三波川帯別子銅山石鎚山脈紀伊山地

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android