コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西南日本外帯 せいなんにほんがいたい

3件 の用語解説(西南日本外帯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西南日本外帯
せいなんにほんがいたい

西南日本内帯に対する地質区で,西南日本中央構造線で南北に2分したとき,その南側 (太平洋側) の地域をいう。結晶片岩から成る三波川帯,古生層から成る秩父帯,中生層および新生層から成る四万十帯などが帯状に配列するのが特徴。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいなんにほん‐がいたい〔‐グワイタイ〕【西南日本外帯】

西南日本の、中央構造線より太平洋側の部分。帯状構造が発達し、北から結晶片岩古生界中生界の順に配列している。外帯。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西南日本外帯
せいなんにほんがいたい

日本の地体構造区分である「西南日本」のうち、中央構造線よりも南側(大洋側)の地帯をさす。帯状構造が顕著にみられ、北側から三波川(さんばがわ)帯、秩父(ちちぶ)帯、四万十(しまんと)帯に分けられる。
 三波川帯には、低温高圧型の三波川変成岩類が分布する。変成岩の原岩は玄武岩質火山岩類を含む付加堆積(たいせき)物であり、沈み込みによって地下深部までもたらされて変成したものである。三波川帯の南縁部には、斑糲(はんれい)岩などからなる御荷鉾(みかぶ)緑色岩類が分布する。
 秩父帯は、秩父帯北帯、黒瀬川帯、三宝山(さんぼうさん)帯の3帯に分けられる。秩父帯北帯には、おもに中生代ジュラ紀の付加堆積物が分布する。黒瀬川帯には、古期花崗(かこう)岩類、シルル・デボン系、蛇紋岩類、高圧型変成岩類、古生代ペルム紀付加堆積物、浅海性上部三畳系・上部ジュラ系、白亜系など、多様な火成岩、変成岩、地層が分布する。三宝山帯は秩父帯南帯ともよばれ、そこには三畳紀からジュラ紀のチャート‐砕屑(さいせつ)岩シーケンスからなるジュラ紀付加堆積物が分布する。三宝山帯の南縁部には、石灰岩などをブロックとして含むメランジュが分布し、白亜紀付加堆積物を構成する。秩父帯の地層は、低角衝上(しょうじょう)断層である仏像構造線によって切られ、四万十帯の地層の上に衝上している。紀伊半島中央部では、削剥(さくはく)によって秩父帯は欠如し、四万十帯の地層が広く分布している。
 四万十帯は、衝上断層あるいは逆断層によって、おもに白亜系からなる北帯と古第三系~新第三系下部中新統からなる南帯に分けられる。四万十帯の地層は、玄武岩質火山岩類、チャートや砂岩をブロックとして含むメランジュと、砂岩および砂岩泥岩互層などの整然層からなる。これらは中生代白亜紀から新生代新第三紀中新世にかけての付加堆積物であり、一般的に、より新しいものほど南側(大洋側)に分布する。[村田明広]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西南日本外帯の関連キーワード外帯西南日本西南日本内帯東北日本内帯グリーンタフ地域南日本西南日本海溝南日本新聞西南日本火山帯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone