コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長田忠致 おさだ ただむね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

長田忠致 おさだ-ただむね

?-? 平安時代後期の武士。
尾張(おわり)(愛知県)野間内海荘と駿河(するが)(静岡県)長田荘の在地領主で,長田荘司(しょうじ)と称した。平治(へいじ)の乱に敗れた源義朝が郎党鎌田政家の舅(しゅうと)忠致の家に身をよせるが,忠致は裏切って義朝と政家を謀殺した。のち壱岐守(いきのかみ)となる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

長田忠致

生年:生没年不詳
平安末期の武将。桓武平氏致経の子孫,河内源氏累代の家人とされる。尾張国(愛知県)知多郡に居住。平治1(1159)年,平治の乱に敗れて東下する源義朝を一旦かくまいながら殺害。古活字本『平治物語』は挙兵した頼朝に従ったのち処刑されたとするが,あるいは『吾妻鏡』に治承4(1180)年討たれたとある「長田入道」がその後身か。

(元木泰雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の長田忠致の言及

【源義朝】より

…恩賞により左馬頭(さまのかみ)となったが,信西(しんぜい)と組んだ清盛と不和になり,59年(平治1)12月清盛が熊野参詣に赴いた留守をついて藤原信頼とともに挙兵し,平治の乱を引き起こした。しかし急ぎ帰京した清盛の軍勢に敗れ,東国に逃れる途中,尾張国知多郡野間(現,愛知県知多郡美浜町野間)で家人長田忠致(おさだただむね)のために鎌田正清ともども殺された。平治1年12月29日とも永暦1年1月4日ともいわれる。…

※「長田忠致」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

長田忠致の関連キーワード鎌田正清妻夜叉御前鎌田正清源頼朝源義平敵討

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android