平治(読み)へいじ

日本の元号がわかる事典「平治」の解説

へいじ【平治】

日本の元号年号)。安時代の1159年から1160年まで、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は保元(ほうげん)。次元号は永暦(えいりゃく)。1159年(保元4)4月20日改元。二条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『史記(しき)』を出典とする命名。1159年(平治1)の年末、平治の乱が起こった。12月9日、平家当主の平清盛(きよもり)が熊野参詣に出かけ京を不在にしたをねらって、反藤原通憲(みちのり)(信西(しんぜい))派の藤原信頼(のぶより)・源義朝(よしとも)らが挙兵、後白河(ごしらかわ)上皇御所を焼き討ちして上皇を閉した。17日に帰京した清盛ら平家軍が反撃、信頼は六条河原で処刑され、尾張国に逃れた義朝も襲撃されて討死した。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「平治」の解説

へい‐じ ‥ヂ【平治】

[1] 〘名〙 たいらげおさめること。平定し統治すること。また、世の中が平和に治まること。〔文明本節用集(室町中)〕
※古活字本毛詩抄(17C前)一二「成は国を平治する事ぞ」 〔孟子‐離婁・上〕
[2] 平安末期、二条天皇の代の年号。保元四年(一一五九)四月二〇日に改元、平治二年(一一六〇)一月一〇日に至って次の永暦となる。元年に平治の乱が勃発(ぼっぱつ)。出典は「史記」の「天下於是大平治」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「平治」の解説

へいじ〔ヘイヂ〕【平治】

平安末期、二条天皇の時の年号。1159年4月20日~1160年1月10日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「平治」の解説

【平治】へいち

治まる。

字通「平」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android