コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平治 ヘイジ

デジタル大辞泉の解説

へいじ〔ヘイヂ〕【平治】

平安末期、二条天皇の時の年号。1159年4月20日~1160年1月10日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいじ【平治】

年号(1159.4.20~1160.1.10)。保元の後、永暦の前。二条天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

へいじ【平治】

日本の元号(年号)。平安時代の1159年から1160年まで、二条(にじょう)天皇の代の元号。前元号は保元(ほうげん)。次元号は永暦(えいりゃく)。1159年(保元4)4月20日改元。二条天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『史記(しき)』を出典とする命名。1159年(平治1)の年末、平治の乱が起こった。12月9日、平家当主の平清盛(きよもり)が熊野参詣に出かけ京を不在にした隙をねらって、反藤原通憲(みちのり)(信西(しんぜい))派の藤原信頼(のぶより)・源義朝(よしとも)らが挙兵、後白河(ごしらかわ)上皇の御所を焼き討ちして上皇を幽閉した。17日に帰京した清盛ら平家軍が反撃、信頼は六条河原で処刑され、尾張国に逃れた義朝も襲撃されて討死した。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

平治の関連キーワード保元・平治の乱端武者・葉武者待賢門の戦い四部合戦状小張・粉張難艱・難堪八十島下り然はそうずがらめかす先途を遂ぐ剛臆・強臆佐藤土平治平治の乱平治煎餅片馴付け熊野参詣広渡湖秀腹を召す目合はす鼻を欠く

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

平治の関連情報