駿河(読み)するが

精選版 日本国語大辞典「駿河」の解説

するが【駿河】

[一] 東海道一五か国の一つ。大化改新のときに成立。天武天皇九年(六八〇)伊豆国を分離。古代から農耕文化が開け、平安時代には上国となり、伊勢神宮の荘園が設定された。南北朝時代以降は今川氏の領国となり、一時、武田氏に支配された。天正一〇年(一五八二徳川家康領有。明治四年(一八七一)の廃藩置県により静岡県編入駿州
書紀(720)景行四〇年一〇月(北野本南北朝期訓)「是歳(ことし)。日本(やまと)武の(みこと)(はじめ)に駿河(スルカ)(いた)り、其(その)処賊(ところのあた)(いつは)(したか)て之」
[二] 駿河国静岡県)東部の旧郡名。中世末、駿東(すんとう)郡の名に改められた。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
[三] 静岡市の行政区の一つ。安倍川下流域両岸を占め、登呂遺跡久能山東照宮などがある。平成一七年(二〇〇五)成立。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android