コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在地領主 ざいちりょうしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

在地領主
ざいちりょうしゅ

中世に,生産現地に生活の根拠を持っていて,生産に従事している人々を支配していた領主層の総称。在地とは,平安時代前期から文書史料に出てくる言葉で,奈良・京都などの中央の世界を表す語に対して,農・山・漁村の生産の現場を意味した。在地領主は,中央にあって「在地」と直接の関係を持たなかった「荘園領主」と区別するための表現であり,具体的には,地頭下司,公文などの名称の職 (しき) の持ち主がそれであった。領内の住民の支配権を安堵 (あんど。公認の意) されるとともに,屋敷地,それに付属する門田門畠,原野などを領有し,多数の下人・所従を所有していた。南北朝時代には国人領主と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

在地領主【ざいちりょうしゅ】

国衆

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の在地領主の言及

【開発】より

…それに対して前者は,比較的大規模な開発であり,若狭国国富保の開発領主となった太政官厨家小槻隆職,丹波国波々伯部保の開発領主として田堵等の組織者となった感神院大別当行円,摂津国猪名荘内の塩入荒野を開発せんとした鴨御祖社禰宜鴨県主祐季など下級貴族・寺僧・神官なども開発領主となっている。しかし何と言っても開発領主の典型は,平安時代以来の開発によってその本領を確立し子孫に伝領した在地領主である。鎌倉末に成立した《沙汰未練書》には〈御家人トハ,往昔以来,開発領主トシテ,武家ノ御下文ヲ賜ハル人ノ事ナリ〉〈本領トハ,開発領主トシテ,代々武家ノ御下文ヲ賜ハル所領田畠等ノ事ナリ〉と述べており,開発領主たることが鎌倉幕府の御家人の本質的属性として端的に示されている。…

【分国法】より

…また分国法を制定した戦国大名に守護職をもつ大名が多いという現象も,この系譜の上に理解される。 このように分国法は,家法,守護領国法にその直接的系譜が求められ,その発展の上に成立したのであるが,分国法の特徴は,これらのたんなる発展だけでなく,14世紀から16世紀にかけて全国各地に成立した在地領主の地域的結合体である国人(こくじん)一揆(国(くに)一揆)が制定した領主間協約である一揆契状を,ひとつの歴史的媒介項として吸収し成立している点にある。すなわち分国法は,在地領主階級による大名への領主権付託に基づく,領主階級の共同意志の集約という性格が基本となっているのであり,通常いわれる分国法の武断的・専制的性格もこの基本的性格に基づくものといえる。…

【領主制】より

…【遅塚 忠躬】
【日本】
 日本史上の学術用語としては,平安~室町時代の武士=領主(土地所有者)が農民を支配する方式を指す。武士=領主は京都の荘園領主と異なり,農村に在地して農民支配の実際にあたることが多かったので,在地領主制とも呼ばれる。この領主制(または在地領主制)を日本における中世社会形成の基本的な担い手として位置づけたのは,石母田正であった(《中世的世界の形成》《古代末期の政治過程および政治形態》)。…

※「在地領主」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

在地領主の関連キーワード門田(かどた)色部氏年中行事伊賀惣国一揆寺島牛之助良円(5)在地領主制足助重信長田忠致足助重氏足助重範野上資親村山信義垂水繁昌家臣団源俊方三田井怡土荘細工所郡中惣橘兼高

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android