長谷川 塊記(読み)ハセガワ カイキ

20世紀日本人名事典の解説

長谷川 塊記
ハセガワ カイキ

大正・昭和期の彫刻家



生年
明治31(1898)年11月29日

没年
昭和48(1973)年4月16日

出生地
鳥取市本町

本名
長谷川 枡蔵

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)彫塑別科〔昭和4年〕卒

経歴
大正9年上京し、朝倉文夫に師事。13年帝展に初入選、以後帝展、新文展に出品を続け、昭和16年無鑑査となる。また東台彫塑会展、朝倉塾展、塊人社展などにも出品。戦後は日展に出品、29年「歩」が日展特選となり、30年無鑑査、31年より依嘱、36年、43年に審査員をつとめ、37年日展会員となる。また日彫会会員としても活動した。代表作に「弘法大師像」「菅公立像」「湖女像」「地蔵尊像」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android