コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉文夫 あさくらふみお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝倉文夫
あさくらふみお

[生]1883.3.1. 大分,大野
[没]1964.4.18. 東京
彫刻家。渡辺要蔵の3男で9歳のとき朝倉家の養子となった。 1902年中学校を中退して上京,翌年東京美術学校彫刻科選科に入学し 07年卒業。翌年第2回文展で『闇』が最高賞の2等賞となって以来受賞作が多く,16年から官展審査員をつとめた。 21年東京美術学校教授,24年帝国美術院会員,44年帝室技芸員となり,48年文化勲章受章。また上野谷中に朝倉彫塑塾 (現在の朝倉彫塑館) を開き後進の指導に尽した。長女の摂は画家,舞台美術家,次女の響子は彫刻家として有名。主要作品『墓守』 (1910,朝倉彫塑館) ,『餌ばむ猫』 (42,同) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あさくら‐ふみお〔‐ふみを〕【朝倉文夫】

[1883~1964]彫刻家。大分の生まれ。官展で活躍。写実主義の作品をつくる。文化勲章受章。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

朝倉文夫【あさくらふみお】

彫刻家。大分県生れ。1907年東京美術学校卒,翌年文展に《闇》を出品して受賞,穏健な作風で官展系の重鎮となる。長く母校の教授を勤め,朝倉彫塑塾を主宰,1948年文化勲章。
→関連項目朝倉摂木内克

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉文夫 あさくら-ふみお

1883-1964 明治-昭和時代の彫刻家。
明治16年3月1日生まれ。朝倉摂・響子の父。明治41年「闇」が文展に入選。文展,帝展の審査員,母校東京美術学校(現東京芸大)の教授をつとめる。帝室技芸員,芸術院会員。昭和23年文化勲章。朝倉彫塑塾を主宰。昭和39年4月18日死去。81歳。大分県出身。旧姓は渡辺。代表作に「墓守」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あさくらふみお【朝倉文夫】

1883‐1964(明治16‐昭和39)
彫刻家。大分県に生まれる。1902年すでに彫刻をはじめていた実兄の渡辺長男をたよって上京し,翌年東京美術学校彫刻科選科に入学,07年に卒業,翌年第2回文展で《闇》が最高賞の2等賞となり大いに注目された。初期文展で受賞を重ね,16年以降文展・帝展の審査員をつとめた。21年から44年まで東京美術学校の教授をつとめたほか,1924年帝国美術院会員となり,一時辞任したが,37年帝国芸術院会員となり,48年文化勲章を受章。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

あさくらふみお【朝倉文夫】

1883~1964) 彫刻家。大分県生まれ。東京美校教授。自然主義的彫刻を得意とし、帝国美術院会員・帝室技芸員となり官展界に重きをなした。代表作「墓守」「島津斉彬公像」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝倉文夫
あさくらふみお
(1883―1964)

彫刻家。明治16年3月1日、大分県大野(おおの)郡池在(いけざい)(現、豊後大野市)に渡辺要蔵の三男として生まれる。9歳のとき朝倉家の養子となり、1902年(明治35)中学を中退し、実兄の渡辺長男を頼って上京。翌1903年東京美術学校彫刻科選科に入学、同科を卒業後1909年まで研究科に在籍。1908年の第2回文展に入選した『闇(やみ)』が一躍二等賞となって大いに注目され、文展で受賞を重ね、1916年(大正5)以降文展および帝展の審査員を務めた。1921年東京美術学校教授、1924年帝国美術院会員となるが1928年(昭和3)会員を辞任、1935年帝国美術院改組で復帰、1937年帝国芸術院会員、1944年帝室技芸員。1948年(昭和23)文化勲章を与えられた。昭和39年4月18日没。卓抜な彫塑技術と忠実な自然観察による写実描写で、明治、大正、昭和三代を通じて官展系彫刻に強大な影響を与えた。代表作に『吊(つる)された猫(ねこ)』『墓守』『島津斉彬(なりあきら)公像』『太田道灌(どうかん)像』など。多くの原型が朝倉彫塑館(東京都台東区谷中(やなか))に保存されている。長女は舞台美術家の朝倉摂(せつ)(1922―2014)、次女は彫刻家の朝倉響子(1925―2016)。[三木多聞]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朝倉文夫の言及

【明治・大正時代美術】より

…これらようやく盛んになりかけた洋風彫塑に対抗して,1907年,岡倉天心を会長とし,米原雲海(1869‐1925),山崎朝雲(1867‐1954),平櫛(ひらくし)田中らの新鋭木彫家6名による日本彫刻会が結成され,文展第3部には,木彫家,彫塑家が一堂に会することとなる。文展では審査員の新海竹太郎,受賞者の朝倉文夫が注目されたが,08年ロダンに師事して帰国したばかりの荻原守衛が,ロダン風の生命感にあふれた表現により識者の評価を集める。荻原は名作《女》(1910)を遺して夭折したが,戸張孤雁,中原悌二郎,堀進二(1890‐1978),石井鶴三ら多くの後進に与えた刺激は大きかった。…

※「朝倉文夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝倉文夫の関連キーワード大分県豊後大野市朝地町池田台東区立朝倉彫塑館大分県豊後大野市大分県立芸術会館朝倉文夫記念館日名子 実三都賀田 勇馬長谷川 塊記佐々木 素雲川崎 繁夫日名子実三村田勝四郎梁川 剛一佐藤 朝山赤堀 信平三国 慶一上田 直次長谷川塊記佐々木素雲都賀田勇馬

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝倉文夫の関連情報