コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開元寺料敵塔 かいげんじりょうてきとうKaiyuan-si liao-di-ta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開元寺料敵塔
かいげんじりょうてきとう
Kaiyuan-si liao-di-ta

中国,河北省定県県城南門内にあった開元寺の跡地に建つ古塔。 塼築 (せんちく) ,八角十一重屋根,全高約 84m。第1層は1辺約 9.8mで外観は美しい砲弾形を呈している。北宋の咸平4 (1001) 年に起工し,至和2 (55) 年に完工した。この地は北宋の北境で,遼軍の侵入を警戒したために料敵塔と俗称されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

開元寺料敵塔の関連キーワード中国建築

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android