コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開室 カイシツ

デジタル大辞泉の解説

かい‐しつ【開室】

[名](スル)
部屋を人が出入りできる状態にすること。⇔閉室
企画室・開発室など、「室」の付く組織が仕事を開始すること。⇔閉室

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいしつ【開室】

( 名 ) スル
研究室・資料室や診療室などの部屋を新たに開いて業務を始めること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

開室の関連キーワード岩咲ナオコ研究室クラベ組織業務

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

開室の関連情報