コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間斗束 ケントヅカ

デジタル大辞泉の解説

けん‐とづか【間斗束】

和様建築で、栱(ときょう)と斗栱の間にあって、上に斗(ます)をのせる束(つか)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんとづか【間斗束】

斗栱ときようと斗栱の間に設けた、上に斗ますをのせた束。 → 斗束とづか

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の間斗束の言及

【社寺建築構造】より

…組物は斗(ます)と肘木(ひじき)とを交互に積み重ねてゆくもの(和様,禅宗様)と,肘木を柱にさし込む挿肘木(さしひじき)(大仏様)とがあり,斗と肘木の数によって,舟肘木,大斗(だいと)肘木,三斗(みつど),出組(でぐみ),二手先(ふたてさき),三手先(みてさき),四手先(よてさき),六手先(むてさき)の別がある。和様では柱上だけに組物を置き,その中間に蟇股(かえるまた)あるいは間斗束(けんとづか)を置くが,禅宗様では中間にも組物を置き,詰組(つめぐみ)と呼ばれる。間斗束は束の上に斗がのったもので,その肩に装飾のあるものを簑束(みのづか)といい,束の左右にある蟇股状の装飾を笈形(おいがた)という。…

※「間斗束」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

間斗束の関連キーワード疎組み・阿麻組み・亜麻組み・疎組・阿麻組・亜麻組禅宗様建築和様建築組物中備

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android