台輪(読み)ダイワ

デジタル大辞泉の解説

だい‐わ【台輪】

建物や指物の上方または下方にある平たい横木。禅宗仏堂の柱の頂部、たんすの地板の下などにみられる。
山王鳥居稲荷(いなり)鳥居などの柱上で島木を受ける円盤状のもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の台輪の言及

【社寺建築構造】より

…柱相互は水平の貫,長押でつながれる。柱上端をつなぐ頭貫(かしらぬき)の上に,さらに台輪(だいわ)と呼ばれる厚板状の水平材を置くものもある。これらの部材からなる骨組みを軸部と呼ぶ。…

※「台輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

台輪の関連情報