コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭貫 カシラヌキ

2件 の用語解説(頭貫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かしら‐ぬき【頭貫】

柱の上部を連結する貫。柱貫。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かしらぬき【頭貫】

柱と柱を上部でつなぐために柱の頭部に用いる横木。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の頭貫の言及

【社寺建築構造】より

…柱相互は水平の貫,長押でつながれる。柱上端をつなぐ頭貫(かしらぬき)の上に,さらに台輪(だいわ)と呼ばれる厚板状の水平材を置くものもある。これらの部材からなる骨組みを軸部と呼ぶ。…

【貫】より

…ふつう1.5cm厚,成(せい)(幅,長さに対して下端から上端までの垂直距離をいう)10cm内外の板を,柱真に貫幅よりやや広く彫った貫穴に通し,両側からくさびを打って固定する。通し貫は鎌倉時代に禅宗建築の導入によって初めて興った構法であり,それ以前は飛鳥時代から社寺の列柱の頂部を上から枘(ほぞ)を割り込んで太い貫材を落とし込んだ頭(かしら)貫だけであった。吹き放しの建物をこの頭貫とそのすぐ下の太い飛(ひ)貫(樋貫)と下部の腰貫3本で固定する櫓建ちの手法も平安時代から使われたが,通し貫を数段用いることと塗壁の併用によって,日本の木造建築では材料を経済的に用いながら水平力に抵抗できる耐力壁が独自に発達することになった。…

※「頭貫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

頭貫の関連キーワード自動連結器冠木敷桁軒桁柱貫連結器根絡み呼樋グレーティング真皮葉 (sensitive laminae)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

頭貫の関連情報