コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間欠河川 かんけつかせん

大辞林 第三版の解説

かんけつかせん【間欠河川】

降雨の後や雨季に一時的な流水がある川。乾燥地域に多く、降雨の際には激しい水流を生じることがある。 → ワジ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の間欠河川の言及

【間欠河流】より

…湿潤地帯の河川のように恒常的に流水がみられず,降雨時や雨期にのみ流水がみられる河川。間欠河川ともいう。乾燥地域や半乾燥地域に多くみられ,アラビアやアフリカ北部ではワジと呼ばれる。…

※「間欠河川」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

間欠河川の関連キーワードダイアマンティーナ川ダイアマンティナ川オーストラリア大陸クイーンズランド州アシュバートン川ダーリング[川]オーストラリアギャスコイン川オレンジ[川]ビクトリア川フィッシュ川ダーリング川カラハリ砂漠大鑽井盆地間欠河流モロポ川断続河川サラド川内陸流域水無川

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android