流水(読み)りゅうすい

精選版 日本国語大辞典「流水」の解説

りゅう‐すい リウ‥【流水】

〘名〙
① 流れる水。水の流れ。地学では河川を流れる水。川。
※懐風藻(751)遊吉野〈藤原史〉「諸性流水、素心開静仁」 〔詩経‐小雅・沔水〕
② 「くるま(車)」の異称。
※和漢朗詠(1018頃)下「流水返らず 列子が乗を送るべし〈紀長谷雄〉」

ながれ‐みず ‥みづ【流水】

〘名〙 流れる水。りゅうすい。〔多識編(1631)〕
浄瑠璃・田村(1650)四「なつはすずしき有様、すわまにいけをほらせ、やり水、たて水、なかれ水」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「流水」の解説

りゅう‐すい〔リウ‐〕【流水】

流れる水。水の流れ。地学では河川を流れる水をいう。「行雲流水」「流水量」⇔死水

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android