コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間歩 まぶ

大辞林 第三版の解説

まぶ【間歩】

鉱山の坑道。鋪しき。まんぼ。 「しりくめ縄を引はへて山神祭る-の口/浄瑠璃・弁慶京土産」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

間歩

鉱石を採るために掘った坑道と、入り口周辺の施設をさす。坑道の間を歩くことからなど、語源諸説ある。龍源寺間歩のツアーは大人500円、中学生以下100円(入坑料除く)。大久保間歩のツアーは大人3800円、小中学生2800円で、金~日曜・祝日に1日4回、各回20人の予約制。大久保間歩予約センター。

(2014-06-01 朝日新聞 朝刊 島根 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

間歩の関連キーワード金を中心とする佐渡鉱山の遺産群サンカノゴイ(山家五位)石見銀山遺跡と文化的景観兵庫県川辺郡猪名川町銀山ラッパウニ(喇叭海胆)太平洋戦争とフィリピンリレー・フォー・ライフムラサキウニ(紫海胆)フクログモ(袋蜘蛛)フクロウニ(袋海胆)イイジマフクロウニブンブクチャガマアオスジガンガゼ変形性膝関節症大森(島根県)佐渡金銀山遺跡足が棒になるフィリピン戦ヒヨケムシ類新体力テスト

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

間歩の関連情報