微行(読み)びこう

精選版 日本国語大辞典「微行」の解説

び‐こう ‥カウ【微行】

〘名〙 こっそりと出かけること。身分の高い人などが、他に知られないように身をやつして外出すること。しのびあるき。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「皇子行」
※読史余論(1712)三「纔五十余騎にて微行せしを」 〔史記‐范雎

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「微行」の解説

び‐こう〔‐カウ〕【微行】

[名](スル)身分の高い人などが身をやつしてひそかに出歩くこと。しのび歩き。
[類語]忍び

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「微行」の解説

【微行】びこう(かう)

おしのび。〔史記、秦始皇紀〕(三十一年)行を咸に爲し、武士四人とに夜出でて盜に池にひて窘(くるし)めらる。武士、盜をす。

字通「微」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android