コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関の地蔵 セキノジゾウ

デジタル大辞泉の解説

せき‐の‐じぞう〔‐ヂザウ〕【関の地蔵】

三重県亀山市町新所にある宝蔵寺の異称。行基または一休の開眼と伝えられる地蔵尊が有名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

関の地蔵の関連キーワード三重県亀山市関町新所一休咄

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関の地蔵の関連情報