コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防災行政無線 ボウサイギョウセイムセン

2件 の用語解説(防災行政無線の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼうさい‐ぎょうせいむせん〔バウサイギヤウセイムセン〕【防災行政無線】

防災無線の一。災害時、都道府県や市区町村が住民に情報を提供するための無線通信システム
[補説]市区町村では、動作確認を兼ねて、毎日定時にチャイムなどの放送を行うものが多い。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

防災行政無線

市町村が住民に一斉に情報を伝える「同報系」と、市町村と災害現場で携帯機や車載機などでやり取りする「移動系」がある。避難勧告や避難先への誘導の情報伝達に使われる。

(2011-11-11 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防災行政無線の関連情報