コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿月の神明祭

デジタル大辞泉プラスの解説

阿月の神明祭

山口県柳井市阿月に伝わる民俗行事。かつては旧暦1月14日、15日に催された小正月の火祭り。神明宮前の浜の東西に一本ずつ、「シンメイ」と呼ばれる大鉾を模した柱をたて、その周囲でさまざまな神事を行った後、火をつけて海側へ倒す。2009年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

阿月の神明祭の関連キーワード山口県柳井市阿月

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿月の神明祭の関連情報