コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界企業 げんかいきぎょうmarginal firm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界企業
げんかいきぎょう
marginal firm

ある産業で最も効率の悪い企業。そのためにぎりぎりの利益しか上げられないことが多く,不況になれば真っ先に赤字に転落することも多い。規制産業では,このような限界企業が存続できるように規制が行なわれるために,より優位な地位にある企業は大きな利益を上げることができる。競争的産業では,限界企業がイノベーションの先駆者になることも多い。限界的であるために,イノベーションの必要が大きいからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android