赤字(読み)あかじ

精選版 日本国語大辞典「赤字」の解説

あか‐じ【赤字】

〘名〙
赤色で書かれたり刷られたりした文字。
※夢声半代記(1929)〈徳川夢声〉江戸ツ児になる迄「一度『落』と書かれた所へ、赤字(アカジ)で『及』としてある」
② (収支決算で、不足額を表わす数字を赤色を使って記入するところから) 収支決算の結果、支出が収入より多いこと。欠損。⇔黒字
※家族会議(1935)〈横光利一〉「新設備で赤字を出して」
③ (一般に赤インクや赤鉛筆を用いるところから) 校正や文章の推敲にあたって、書き入れる文字や記号。また、校正刷のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「赤字」の解説

あか‐じ【赤字】

赤色の文字。赤いインクなどで書いた文字。
《簿記で不足額を表す数字を赤色で記入するところから》支出が収入より多いこと。欠損。赤。⇔黒字
《ふつう赤色で書き込むところから》校正などで、訂正・補筆した文字や記号。朱。赤。「赤字を入れる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

知恵蔵「赤字」の解説

赤字

黒字」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android