コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限界投資性向 げんかいとうしせいこう marginal propensity to invest

1件 の用語解説(限界投資性向の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限界投資性向
げんかいとうしせいこう
marginal propensity to invest

国民所得の増加が投資支出の増加をもたらす場合における投資の増加分を国民所得の増加分で除した比率。投資支出と国民所得の関係を示すものである。限界投資性向限界消費性向を加えたものは普通は1より小さいと考えられるが,もしこれが1をこえると経済体系不安定になる可能性のあることが知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

限界投資性向の関連キーワード限界消費性向限界貯蓄性向資本取引ベインブリッジ反射支出国民所得実質国民所得生産国民所得ハイパーインフレ限界効用理論国民所得の三面等価の原則

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone