コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶文 とうぶんtao-wen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶文
とうぶん
tao-wen

古代中国土器に書かれた銘文。土器に文字を書くことは殷代から行われていたが,戦国~漢代になると出土例も多く,燕の下都,斉の臨 淄などから数多くの陶文が発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の陶文の言及

【書】より

…それには,絵文字から発達した漢字の複雑でかつ調和のとれた造形性に加えて,筆,墨,紙,硯など文房具の性能を生かした表現が,書の造形的な美しさをいやがうえにも高めたということが大きな要因をなしていると思われる。
【中国】

[殷周~戦国時代]
 今日,漢字の最も原始的な段階のものと考えられるものに,殷中期以前の遺跡から出土する陶器に付けられた符号,すなわち陶文または刻符と呼ばれるものがある。そのなかで前5000年ないし前4000年の新石器文化に属する西安半坡(はんぱ)遺跡から見つかったものが最も古いとされている。…

※「陶文」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陶文の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)シンヤン(信陽)地区鼎(てい 容器)赤峰紅山後遺跡アンダーソン河井寛次郎竜山文化仰韶遺跡中国美術仰韶文化彦竜周興臨淄遺跡黄河文明中国史金石文城子崖葉紹鈞陶じゅ黄河黒陶

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陶文の関連情報