戦国(読み)せんごく

精選版 日本国語大辞典「戦国」の解説

せん‐ごく【戦国】

[1] (「せんこく」とも) 各地に群雄が割拠して、互いに戦う国々。また、戦争で乱れた世の中。乱世
源平盛衰記(14C前)二七「戦国(センゴク)之政可思慮之由、有義奏之人
※読本・雨月物語(1776)貧福論「民も又戦国(センゴク)の民なれば、耒(すき)を釈(すて)に易(かえ)」 〔史記‐蘇秦伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「戦国」の解説

【戦国】せんごく

戦力ある国。〔戦国策一〕天下の戰國七、而して燕、きに處(を)る。獨り戰ふことは則ち能はず。附するれば、則ち重からざる無し。

字通「戦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android