隆線(読み)りゅうせん

精選版 日本国語大辞典「隆線」の解説

りゅう‐せん【隆線】

〘名〙 線状に隆起しているもの。特に、指紋を形成するものをいう。
※法医学ノート(1946)〈浅田一〉一〇「一卵性双胎児では全く同一の指紋と云ッてよいに酷似し、隆線のも同じ事があるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の隆線の言及

【指紋】より

…指や手のひら,足底の皮膚に浮きでるように走るたくさんの線状の隆起を皮膚隆線または単に隆線といい,隆線上には汗腺が並んで開口している。この隆線が指頭でつくる紋理(紋様)またはこの紋理を捺印した像を指紋という(ちなみに手のひらや足底にみられる紋理はそれぞれ掌紋,足紋といわれる)。…

※「隆線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android