隆線(読み)りゅうせん

精選版 日本国語大辞典「隆線」の解説

りゅう‐せん【隆線】

〘名〙 線状に隆起しているもの。特に、指紋を形成するものをいう。
※法医学ノート(1946)〈浅田一〉一〇「一卵性双胎児では全く同一の指紋と云ッてよい程に酷似し、隆線の数も同じ事があるから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の隆線の言及

【指紋】より

…指や手のひら,足底の皮膚に浮きでるように走るたくさんの線状の隆起を皮膚隆線または単に隆線といい,隆線上には汗腺が並んで開口している。この隆線が指頭でつくる紋理(紋様)またはこの紋理を捺印した像を指紋という(ちなみに手のひらや足底にみられる紋理はそれぞれ掌紋,足紋といわれる)。…

※「隆線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android