コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆線 りゅうせん

大辞林 第三版の解説

りゅうせん【隆線】

指や掌てのひらに浮き出ている線状の隆起。指頭では指紋をつくる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の隆線の言及

【指紋】より

…指や手のひら,足底の皮膚に浮きでるように走るたくさんの線状の隆起を皮膚隆線または単に隆線といい,隆線上には汗腺が並んで開口している。この隆線が指頭でつくる紋理(紋様)またはこの紋理を捺印した像を指紋という(ちなみに手のひらや足底にみられる紋理はそれぞれ掌紋,足紋といわれる)。…

※「隆線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

隆線の関連キーワードクロナガオサムシ不動ガ岩屋洞窟上黒岩岩陰遺跡泉福寺洞穴遺跡小瀬ガ沢洞窟小瀬ヶ沢洞穴尺側蹄状紋泉福寺洞穴橈側蹄状紋隆線文土器泉福寺洞窟東三洞遺跡福井洞窟馬高遺跡柳又遺跡田戸遺跡福井岩陰皮膚隆線隆起線文渦状紋

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隆線の関連情報