コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

指紋 しもん fingerprint

翻訳|fingerprint

6件 の用語解説(指紋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

指紋
しもん
fingerprint

指頭の隆線がつくる紋様,あるいはこの紋様によって捺印されてできる像をいう。指紋は各指,各人に固有で,生涯変らないために,個人の識別上,重要な意義をもつ。大別して弓状紋 (山形のもの) ,蹄状紋 (流れているもの) ,渦状紋 (巻いているもの) の3種に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

し‐もん【指紋】

手の指先の、内側にある細い線がつくる紋様。形は弓状・渦状などがあり、人によって異なり一生不変なので、個人の識別や犯罪捜査などに利用される。「指紋をとる」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

指紋【しもん】

手指第1関節の腹面の隆線がつくる紋理(紋様),またこの紋理によって押印されてできる像。隆線は汗腺の汗孔が畑のうねのように連続した隆起で,掌紋,足底に見られる蹠(しょ)紋(足紋)も隆線による。
→関連項目DNA鑑定犯罪鑑識拇印

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しもん【指紋 finger print】

指や手のひら,足底の皮膚に浮きでるように走るたくさんの線状の隆起を皮膚隆線または単に隆線といい,隆線上には汗腺が並んで開口している。この隆線が指頭でつくる紋理(紋様)またはこの紋理を捺印した像を指紋という(ちなみに手のひらや足底にみられる紋理はそれぞれ掌紋,足紋といわれる)。指紋は万指不同,終生不変であるので,身元不明者の身元確認,犯罪者の異同(個人)識別などに応用されている。 古くから指頭の印象をもって有力な証拠とするならわしはあったが,これが科学的に研究されるようになったのは19世紀後半以降のことである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しもん【指紋】

指先の内側にある細い隆起線のつくり出している紋様。各人ごとに異なり、同一人は終生変わらないので、個人の識別に利用される。 「 -を採る」 「 -が残る」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

指紋
しもん

手指末節部の手掌側には種々の紋理(理とは細かいあやの意)を認めるが、その紋理、もしくはこれを押捺(おうなつ)して得られる像を指紋という。この部分の皮膚を組織学的にみると、まず、いちばん上を表皮が覆い、すぐその下には真皮(汗腺(かんせん)、血管、神経等の分布する組織)がある。表皮と真皮の境界部は波状を呈し、その山の部分は表皮層に突出した形状をなしており(この突出部を真皮の乳頭層という)、この部に相当して表皮にも明らかな高まりがみられる。これを皮膚小稜(しょうりょう)、もしくは乳頭隆線(隆線)という。皮膚小稜は、汗孔という汗腺の出口が無数に並んで形成されたものであり、この皮膚小稜間の谷の部分は皮膚小溝とよばれる。皮膚小稜がこのように独特な紋理を描くのは手指の掌側末節部だけに限られているのではなく、その他の手掌面や足蹠(そくしょ)部(足の裏)にもみられ、それぞれ手掌紋、足蹠紋といわれている。また、指紋は人間に特有なものではなく、サルなどでも、やや複雑な指紋がある。指紋は下等動物になるほど漸次単純化し、有袋目に属する哺乳(ほにゅう)動物では簡単な線状指紋が認められる程度である。指紋の下部には神経終末装置に富む触覚小球(指小球)といわれるものがあり、この部分の触覚はとくに鋭敏である。しかも指紋のしわは、物をつかむ場合には摩擦を大きくする働きをもっている。つまり、滑り止めの役割を果たしているわけである。[古川理孝]

研究史

指紋が法医学や警察鑑識の分野で研究されるようになったのは、それが終生不変・万人不同で、その個人識別上の価値が非常に高いためである。指紋の研究は1684~86年ころ英国王室医科大学のグルーN. GrewやビドルーG. Bidloo、イタリアの解剖学者マルピーギM. Malpighiらによって行われているが、指紋に個人差のあることをみいだし、簡単な分類を行ったのはプルキンエJ. E. Purkinjeというチェコの生理・解剖学者が最初である(1823)。
 ところで、このような皮膚紋理の存在はすでに有史以前から知られていたと思われ、種々の遺石や壁画類のなかに、その形がみいだされる。また、バビロニアやアッシリアの時代には、個人の異同を識別する目的で指紋を利用していたという研究も出されている。さらに、日本や中国では、古くから拇印(ぼいん)とか爪印(つめいん)と称し、証文等に指先の印象を押す習慣があった。
 プルキンエが簡単な分類を行ったあとの1880年、指紋が終生不変であることをイギリスの医師フォールズH. Fauldsと、インド・ベンガル州の収税官ハーシェルW. Hershelがみいだした。両者は、それぞれイギリスの科学雑誌『ネイチャー』Natureに、その研究結果を発表(前者は、同年10月28日、後者は11月22日)している。これによって、指紋の個人識別的価値が初めて学問的に証明されたといえるわけである。とくにフォールズは、1874年(明治7)に来日し、東京築地(つきじ)病院に勤務していた医師で、当時の日本で行われていた拇印や爪印の習慣をみて指紋の研究に着手したともいわれている。その後、1888~91年ころにイギリスのゴルトンF. Galtonによって指紋の終生不変・万人不同の事実が確認された。ゴルトンによると、2個の指紋が一致する可能性は640億回に1回であり、10指すべての指紋が一致する可能性は、さらにその10乗回に1回とのことである。ついでその業績を基礎として、同じくイギリスのヘンリーE. R. Henryが、インドの警視総監としての立場から、1897年、インド全域の警察に指紋法(指紋の特性によって個人の異同を識別する方法)を採用させている。ヘンリーは、1901年にロンドンの警視総監補となったのちにも、さらに指紋法に改良を加え、現在、イギリス、アメリカをはじめ、多くの国々が採用しているヘンリー・システム(ゴルトン‐ヘンリー・システムともいう)を確立した。なお、この前後にはアルゼンチン・ラプラタ州の警察鑑識局長であるベセッチJ. Vucetichによるベセッチ・システム(南アメリカの各国が採用)、ドイツのハンブルク警視総監であるロッシャーT. Roscherによるロッシャー・システム(ハンブルク・システムともいう)など、多数の指紋法が考案されている。
 日本では1908年(明治41)4月に刑法を改正し、累犯加重の制度を定めたが、これには犯罪人の正確な異同識別が必要であり、その結果、当時としては新しく、しかもより簡便なロッシャー・システムが採用され、監獄(司法省)において実施されたのが、日本における指紋法の先駆けである。その後1911年から警察においても同様のロッシャー・システムによる指紋法が実施されるようになったが、現在はヘンリー・システムとロッシャー・システムの両方を取り入れた日本式指紋法(十指指紋法)が完成されている。[古川理孝]

指紋の分類

指紋はその紋様から、弓状紋、蹄状(ていじょう)紋、渦状(かじょう)紋のほぼ3種類に大別できる。
(1)弓状紋 一側より生じた隆線が反対側へ流れ、その隆線の流れが逆流することのないものをいう。弓状紋は、さらに、隆線の流れが比較的なだらかな「普通弓状紋」と、中央部で山形に突起を形成する「突起弓状紋」とに区別される。
(2)蹄状紋 一側から生じた隆線が指の先端部に向かって斜めに進み、ついで蹄形(ウマのひづめの形)をなして同一側へ還流するものをいう。蹄状紋は隆線が母指側から母指側へ還流する「甲種蹄状紋」と、小指側から小指側へ還流する「乙種蹄状紋」に区別される。なお、蹄状紋には、隆線で形成される三角州(デルタ、三叉(さんさ)ともいう)がその流れの反対側にかならず1個認められるはずである。
(3)渦状紋 隆線のうち少なくともその1本が隆線の生じた側に彎曲(わんきょく)した凸部を向けているもので、三角州を2個以上有する指紋の総称である。渦状紋は、中心部が円ないし楕円(だえん)形の渦状線で形成されるもので、「狭義渦状紋(純渦状紋)」や、中心部が同様の環状線で形成されている「環状紋」等が典型例である。このほか、渦状紋には、蹄状紋に酷似しているが、蹄線のなかに少なくとも1本の逆向きの蹄線を有する「有胎(ゆうたい)蹄状紋」、2個の蹄状紋が頭部を逆位にして組み合わさった形の合成紋で、2個の蹄状を形成する隆線が両方とも同一方向に流れる「二重蹄状紋」、隆線がおのおの反対方向に流れる「双胎蹄状紋」のほか、蹄状紋か渦状紋の同種紋様あるいは異種紋様が2個以上混在して形成される「混合紋」等が含まれる。
 また、ごくまれには、弓状紋、蹄状紋、渦状紋のいずれにも属さない異常な形状の指紋もある。これを変体紋といい、たとえば隆線が点や短線だけの「無体紋(無指紋)」はこれに含まれる。[古川理孝]

指紋法

前述のごとく、かつて日本の警察で採用した十指指紋法はロッシャー・システムであり、その伝統は近年まで受け継がれてきたが、保管されている指紋資料が膨大になったことなどから、1970年(昭和45)にそれまでの指紋法が大改善され、新たに第1分類としてヘンリー・システムが取り入れられ、第2分類として従来どおりのロッシャー・システムによる分類方式がとられるようになった。第1分類とはヘンリー・システムの大分類を修正したもので、さらに第1次分類と第2次分類の二段階に分けられている。第1次分類とはまず10指のなかに1指でも欠如紋(手指末節部の大部分が欠如しており、分類に必要な紋様が欠けているもの)がある、他の指にいかなる指紋があってもその10指指紋は「欠如紋があるもの」という種別(順位1)に分類される。次に10指のなかに1指でも損傷紋(指紋のなかに後天的な理由で永久的な損傷があり、後記第2分類の1~9までの指紋価がつけられないもの)があると、その10指指紋は「損傷紋があるもの」という種別(順位2)に分類される。この場合、10指中に第1順位の欠如紋と第2順位の損傷紋を有するときには、先順位に従って欠如紋として分類される(以下順位が下がっても同様の規則に従う)。第三は「不完全紋(一時的な創傷等があり、後記第2分類の1~9までの指紋価がつけられないもの)があるもの」、第四は「変体紋があるもの」、第五は「渦状紋があるもの」、第六は「甲種蹄状紋があるもの」、第七は「弓状紋があるもの」、第八は「乙種蹄状紋があるもの」というように8種類(順次N・S・D・C・W・R・A・Uと表現)に分類される。第2次分類とは、前述のごとく8種類に分類された10指指紋について、その分類の基準となった指紋が10指のどこにあるかによって分類するもので、これにも詳細な分類規準や表現方法が定められている。
 次に第2分類とは1911年以来行ってきた方法で、ロッシャー・システムを一部修正したものであるが、左右10指分の指紋にそれぞれ1~9までの指紋価(指紋番号ともいう)が与えられる。まず弓状紋の指紋価を1、甲種蹄状紋を2、頻度の高い乙種蹄状紋と渦状紋は規定の方則に従って、前者は4種(指紋価は3~6)、後者は3種(指紋価は7~9)に区分される。なお欠如紋は0、変体紋は、損傷紋は、不完全紋は?と記録する。
 10指分の指紋は所定のカードに採取し、それぞれの分類法による記号や数値がつけられ、さらに氏名、生年月日、その他必要事項が記入されて、指紋原紙および指紋票として整理・保管される。この場合、第1分類では第1次分類で8種類、第2次分類で1023種類、第2分類では左手だけでも00000~99999の10万種が分類でき、これに右手の分を加えると100億種以上もの分類が可能といわれている。このように10指すべての指紋を分類・整理する方法を「十指指紋法」といい、犯罪者等の異同識別には絶大な威力を発揮する。しかし犯罪現場等には10指分すべての指紋が残されているわけではなく、実務上はたった1個の指紋からでも犯人を割り出すことが必要とされる。このため、ベルギーの犯罪学者ストッキーE. Stockisは1907年ころに「一指指紋法」を企図し、10年ころからはスペインの大学教授オロリーツJ. Olrizもその必要性を唱えたといわれている。そして、1914年になると、両者のほかにデンマークのコペンハーゲン警視総監ヨルゲンセンH. Jrgensenが、それぞれ三様の「一指指紋法」を発表した。その後は続々と各国で創案、改良され、実用化されていくが、なかでも、1931年のロンドン警視庁指紋局長バトレーH. Battleyによる「バトレー法」は有名で、現在でも、これを参考にしている国々は多い。日本では、1956年(昭和31)に「日本警察庁一指指紋法」が完成されたが、それ以前は、各都道府県において独自のくふうがなされていたようである。
 なお、その後コンピュータによる指紋自動識別装置も開発され、実用化されている。[古川理孝]

指紋の採取

指紋を採取するには、ガラス板上に指紋用黒インキ、もしくは印刷用インキ等をローラーで薄く均一に延ばし、その上に指頭を押し付けてインキを付着させ、紙面に転写する方法が一般的である。しかし、このほかにも種々の方法が考案、改良されている。また、採取方法には、単に指を押し当てるだけの指圧法と、指を左右一方向に回転させてとる回転法(ゴールトンの創案)とがある。前者には凹面の指型を用いる方法もあるが、これは乳幼児や死体の指紋採取には便利である。これに対して犯罪現場等における指紋は、通常、汗や皮脂等の分泌物が印象されたものであるため、肉眼的に識別できるとは限らない。これを潜在指紋といい、アルミニウム粉末や炭末等を散布して指紋部に付着させ、その後、余分な粉末を軽く掃いて除去すると指紋が顕出する。これをゼラチン紙に転写すれば指紋が採取できる(顕出期間は約半年)。このほかにヨード蒸気を当てる方法、硝酸銀溶液やニンヒドリン溶液を噴霧する方法等もあるが、顕出期間は数か月から数日と短くなる。一般に陶器、ガラス、金属等の平滑なものからは採取しやすく、表面の粗な紙片、布片、木材等からは採取しにくいといわれる。[古川理孝]

指紋の民族差と遺伝

人類学的、遺伝学的研究にも指紋はかなり応用されている。民族によって各紋様の出現率に差があり、大きく分けて、東洋系や南洋系には渦状紋が多く、ヨーロッパ系には弓状紋や蹄状紋が多いといわれている。この民族特有の分布は、2種類の紋様の比をとることによって表すことができる。まず弓状紋をA、甲種蹄状紋をR、乙種蹄状紋をUとし(RとUの区別は古畑種基(ふるはたたねもと)による。ゴールトンは両者を区別せずL)、渦状紋をWとした場合、古畑指数はW/R+U、ゴールトン指数はA/L、ダンクマイヤーDankmeijer指数はA/Wで表される。古畑指数によって各民族の紋様の傾向をみると、日本人=ほぼ80前後、中国人=100以上、イタリア人=60~70、アメリカ人=50前後、ドイツ人=45~50、イギリス人=35~60となる。なお、古畑指数によるとアイヌは50前後といわれ、指紋からみると欧米人に近い特徴を有する民族であることが認められる。
 指紋は胎生18週くらいでその原形がほぼ完成し、以後、発育に伴って隆線の太さ、間隔は大きくなっていくが、紋様の形状は変化せず、終生不変・万人不同といわれている。しかし、指紋は近親間での類似性が高く、その遺伝支配を証明する研究も数多く行われている。この点については親子・兄弟間の指紋を比較してみるだけでも、ある程度は納得がいくはずである。すなわち、弓状紋の多い両親からは弓状紋の多い子が、蹄状紋の多い両親からは蹄状紋の多い子が、そして渦状紋の多い両親からはやはり渦状紋の多い子ができ、また、双生児(とくに一卵性)の場合は、他の兄弟よりも紋様の類似性が高いということなどを念頭に置いてみるとよい。このような指紋の遺伝学的研究は1920年代以降になって盛んになったものである。たとえば、隆線数、指紋の幅や高さについて親子の遺伝関係を調査したもの(ボンヌビーK. Bonnevie、1924)、隆線の流れ方向について遺伝性を調べたもの(グリューネベルクH. Grneberg、1929)など、多数の報告が出されている。とくに松倉豊治は指紋の基本型として弓状紋(A)・蹄状紋(L)・渦状紋(W)、中間型として弓蹄紋(AL)・蹄渦紋(LW)・弓渦紋(AW)を考え、親子の世代を経るにしたがって簡単な構造から複雑な構造へ、またはその逆方向へと変異し、これらの指紋型には環状の移行関係(AALLLWWAWA)が成り立つものとみなした。そしてこの遺伝学的解析を容易にすべく、A=6、AL=12、L=18、LW=24、W=30、AW=0なる数値を与え、その10指分の合計値を生物学的指紋価と称し、これに基づいて親子間の遺伝関係を説明した(1952)。松倉はさらに、隆線数についても同様の遺伝関係を調べ、これも前者の法則と完全に一致することを証明した(隆線数の親子間遺伝法則)。かつては法医学の分野において、このような研究も親子鑑定などに応用されたが、DNA鑑定などが発達した現在では、その意義は低下している。[古川理孝]
『岡田鎭著『指紋』(1958・長野市・令文社) ▽光末義著『指紋・その理論と実際』(1973・近代警察社) ▽上野正吉著『新法医学』(1977・南山堂) ▽藤原正一著『指紋』(1978・長野市・令文社) ▽松倉豊治編著『法医学』増補第2版(1979・永井書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の指紋の言及

【皮膚隆線】より

…これを皮膚紋様,皮膚理紋,あるいは皮膚隆線系と呼ぶ。皮膚紋様は,指先(指頭)にある指紋,手のひらにある掌紋(手掌紋),足の裏にある足底紋というように,部分的に分けて観察される。クモザルなどのサルの尾にある皮膚紋様は尾紋と呼ぶことができる。…

※「指紋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

指紋の関連キーワードパーム手の筋バビンスキー反射浮桟橋浮出るジューリング皮膚炎掬う手の平手のひらを太陽に浮き流し養殖

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

指紋の関連情報