コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠し題 カクシダイ

デジタル大辞泉の解説

かくし‐だい【隠し題】

和歌・連歌俳諧で、の詞(ことば)を表面に出さないで句の中に詠み込むこと。例えば、「きりぎりす」という題を、「秋は霧霧すぎぬれば雪降りて晴るるまもなき深山辺の里」〈千載・雑下〉とよみこむ類。物名(もののな・ぶつめい)。籠(こ)め題。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくしだい【隠し題】

和歌・連歌・俳諧で、歌・句の主題と関係なく、事物の名を隠して詠み込むこと。 → 物名ぶつめい・もののな

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠し題の関連キーワード古今和歌集物名歌籠め題物の名和歌

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android