雀の千声鶴の一声(読み)すずめのせんこえつるのひとこえ

精選版 日本国語大辞典「雀の千声鶴の一声」の解説

すずめ【雀】 の 千声(せんこえ)(つる)の一声(ひとこえ)

雀のようなつまらない千言よりも、鶴のようなすぐれた者の一言の方がまさっているということ。
※玉塵抄(1563)一二「本々のよい声はざうざうにかしましうないぞすずめの千声よりつるの一声と云心ぞ」
※浄瑠璃・鬼一法眼三略巻(1731)五「我々両人が何程申しても雀の千声。皆鶴姫の一声は利(きき)が強い」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「雀の千声鶴の一声」の解説

雀(すずめ)の千声(せんこえ)鶴(つる)の一声

つまらない者の千言よりは、すぐれた者の一言のほうがまさっているということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android